2019年年頭挨拶

 明けましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。



昨年の日本経済は、好調な企業収益を背景とした雇用、所得環境の改善が個人消費を下支えし、

回復傾向が続きましたが世界経済は米国の自国第一主義政策が世界や日本にどのような影響を及ぼすのか、

また中国や欧州等での経済減速、新興国での通貨安なども懸念され、より不透明で不安定な環境が長引き、

日本経済も先行きは決して楽観できない状況です。



このような環境の中、今年は以下の3項目を重点的に取り組んでまいります。



1.「生産性向上」

FA/ロボット、IoTなどの最新技術を活用しながらあらゆる面から企業活動を見直して生産性を高め、

競争力の強化に努めます。

2.「品質向上」

最先端技術への取り組み、高度な人材育成、体制整備などを行い、誰もが同じように業務遂行できるよう

最新技術を活用した標準化を考えています。

3.「提案力向上」

販技一体となって総合的な提案力を高め、お客様の抱える課題に対しソリューションを提供できるよう、

提案力の向上に努めます。



今年も、様々なことに挑戦しなければならないと思いますが、昨年とかわりませずご愛顧いただけますよう切に

お願いを申し上げ年始のご挨拶とさせていただきます。