2019年インターンシップを実施しました。

2019年7月9日〜2019年7月11日の3日間、愛知産業大学工業高等学校の機械科から2名が就業体験をしました。



就業体験は、1日目に溶接加工、2日目に抜き加工、バリ取り加工、タップ・ボール盤加工、3日目に曲げ加工を計画しました。

実際の業務に触れ、職業人として求められる能力や条件などを直接体験しながら、卒業後にどの様な会社・組織に就職したいか、また自らがどの様に社会と関わっていきたいかなどを考えながら体験が出来る様に計画を立てました。



そして、インターンシップを実施する目的を明確にするために就業体験の後に

1.勤労観・職業観の育成

2.社会人としてのマナーや言葉遣いなどの習得

3.社会人としてのコミュニケーション能力の育成

4.地域社会の一員としての認識と地域社会との関わりの学習

が出来るようにまとめ時間を設定し、自らが反省点を考え気づいたうえで、アドバイスをすることにしました。



インターシップ生は自身の反省内容を理解して、今後の目標をしっかりと述べておりました。

今回のインターシップをきっかけに自身の弱点を克服し、将来活躍されることを期待します。



最後になりますが、安い精工(株)は次世代を担う人材を確報し、育成することでお客様のニーズに応えられるようにこれからも研鑽します。

Internship